神戸を拠点に活動するハンドベルチーム−ベルリンガーズ沙羅
トップページ
プロフィール
指揮者紹介
コンサート情報
楽譜情報

楽譜一覧
新譜情報
オリジナル:2オクターブ
アンサンブル
オリジナル:3-4オクターブ
オリジナル:3-6オクターブ
オリジナル:5-6オクターブ
ハンドベル&ブラスアンサンブル
ハンドベル&オルガン
ハンドベル&フルート
讃美歌:2オクターブ
讃美歌:3-6オクターブ
童謡メドレー:3オクターブ
小品集:2オクターブ
小品集:3-4オクターブ
ハンドベル曲集:3-5オクターブ
宮崎駿アニメシリーズ
童謡唱歌:2オクターブ
アレンジ:3-4オクターブ
アレンジ:3-6オクターブ
アレンジ:4-6オクターブ
アレンジ:5-6オクターブ

リンク
お問合せ

新譜情報

岡本 和子作曲、編曲によるハンドベルの楽譜をご紹介いたします。
楽譜をご希望の方は、聖文舎ハンドベル販売の方にお問合せ願います。

※「岡本和子ハンドベル楽譜」は、すべてイングリッシュハンドベル用です(何曲かクワイヤチャイムで演奏できる曲もあります)。 ミュージックベルとは音域や奏法が違うので、お使いいただけないかと思います。


イングリッシュ ガーデン ( English Garden ) 3−5oct.

WAON-No.208
イングリッシュ ガーデン ( English Garden ) 3-5oct.

イギリスの民謡は古くから日本人に親しまれてきました。日本語の歌詞で口ずさんだり、どこかで聴いたことのある懐かしいメロディーをベルの音色で楽しんでもらえるといいなと『ガーデン3兄弟』を書いてみました。

「イングリッシュ ガーデン」は、ウェールズ地方の民謡「とねりこの木立」のモチーフで始まり、明治時代に日本に紹介され唱歌として愛唱されている「埴生の宿」そして軽やかなリズムの「ロンドン橋」讃美歌(みつかいうたいて)でも親しまれている「グリーンスリーブス」のメドレーです。3曲の中では、ハイベルのオクターブ重ねもなく、一番シンプルに書いています。

お問合せはこちらから


アイリッシュ ガーデン ( Irish Garden ) 3-5oct. Op.Chimes

WAON-No.209
アイリッシュ ガーデン ( Irish Garden ) 3-5oct. Op.Chimes

ハイベルの流れるような優しい響きに導かれ、唱歌として多くの人々に愛されている「庭の千草」のメロディーは低音ベルで奏でられた後、高音部に移っていきます。アイルランドの国民的詩人トーマス・ムーアの詩による2曲目はハーバード大学の校歌としても有名な「春の日の花と輝く」。ラストはチャイムでしっとりと始まる「ロンドンデリーの歌」。叙情性豊かな美しいアイルランドの音楽は、気持ちを込めて演奏し、聴いて下さる方々の心に届けてください。

お問合せはこちらから


スコテッシュ ガーデン ( Scottish Garden ) 3-5oct. Op.Chimes

WAON-No.210
スコテッシュ ガーデン ( Scottish Garden ) 3-5oct. Op.Chimes

「水蒼き川のほとり・・・」という歌詞で歌われる「ロッホ・ローモンド」のメロディーは、低音部のゆったりとしたチャイムの響きで始まります。「アニー・ローリー」の美しい旋律はハイベルでしっとりと歌い上げてください。中間部には誰もが知っている楽しくリズミカルな「故郷の空」を挟み、「スコットランドの釣鐘草」ラストは「蛍の光」のメロディーを少し入れて余韻を残して終わります。

お問合せはこちらから


山の音楽家 ( Ich bin ein Musikante ) ドイツ民謡

WAON-No.211
山の音楽家 ( Ich bin ein Musikante ) ドイツ民謡

ジャイロ、エコー、マレット、マルテラート、シェイク、TD、PL等、ベルの楽しい奏法を沢山盛り込んだアレンジです。3-4オク対応の「アルプス一万尺」出版後、「2オクターブ対応の奏法説明曲も欲しいです!」という小林わか枝先生からのリクエストで、幼いころ大好きだった「山の音楽家」のメロディーに遊び心をいっぱい盛り込みました。

お問合せはこちらから


琵琶湖周航の歌 2oct. 曲:吉田千秋

WAON-No.212
琵琶湖周航の歌 2oct. 曲:吉田千秋

近江八幡で仲間と共にチャイムを楽しんでいる橋本るつ子先生の依頼で2オクターブの音域でチャイムでもベルでも演奏できるようにアレンジしました。(詳しい解説は3-5オクバージョンをご参照ください)

お問合せはこちらから


琵琶湖周航の歌 3-6oct. 曲:吉田千秋

WAON-No.213
琵琶湖周航の歌 3-6oct. 曲:吉田千秋

琵琶湖の美しい自然と、周航の ロマンを情緒豊かに歌い上げたこの歌は、1917年 京都大学(第三高等学校)ボート部の部員による恒例の琵琶湖周航の途中、部員の小口太郎による詩を「ひつじぐさ」吉田千秋:作曲(~Water Lilies~水連の花 という英国の詩を訳して、混声四部合唱曲として雑誌に発表〜学生歌として愛唱されていた)のメロディーに乗せて初めて歌われました。その後、学生歌、寮歌として歌い継がれ、加藤登紀子のカバーなどにより、全国に広まりました。穏やかな湖面のさざ波にゆったりと心を憩わせるような曲想を大切に、アレンジしました。
一緒に歌えるように、転調もしていません。聴いて下さる方々と優しい時間を過ごせる1曲となりますように!

お問合せはこちらから


 

 
トップページプロフィール指揮者紹介コンサート情報楽譜情報リンクお問合せ
Copyright(C)ベルリンガーズ沙羅 All rights reserved.